教室からのお知らせ

2023年11月新パターン

アシンメイトリーヘムチュニック

前見頃を紺一色、後身頃と袖を紺系の柄にしてみました。

フレアになっているのが可愛!

センタースリットパンツ

裾スリットがあるので、裾が踝より下になるので足が長く見えます。

フード付きコート

首元、手首が閉まるので暖かいです。

軽めの生地を使用しました。

臨時パターン(ベレー帽)

余り生地を使用出来、簡単に仕上がります。

既に2枚購入がありました。

会員さんの作品(7ヶ月目)

B-9〜12です

一作丁寧に仕上げています。

その調子でBコース(後4コマ)を終了予定。

2023年秋のOB講習会

10月25日、B講習スレン染料を使ったシュシュ染めを受けて来ました。

レーヨンシルクの赤の生地にピンクの染料を使用しました。

ボウルを使用して染料を作りその中につけ、その後ビニール袋に移し揉みな

がら染める。

5分から10分おいてバケツに搾りビニール袋に水を入れて軽くすすぎ、

広げて発色させます。

★スペースを取らずにできるところが良いです。

10月のイベント

スレン染(5枚の花びら)

スレン染料は、臙脂と金茶にしました。

花びらが大きいので……

LB-225ヨーク切替フレアスカートにし、

LT-391衿付Tシャツを組み合わせました。

会員さんの作品(6ヶ月目)

B-5〜8。

着々と丁寧、綺麗に縫い上がりました。

その調子でBコースの後半へ…

2023年秋のOB講習会

A講習:テフロン押え金と合皮

10月6日、講習会に行ってきました。

合皮のような縫いにくい生地の時に押え金を代えます。

押え金の仲間は(テフロン・トリコット・ボア)があります。

合皮生地が伸びない縮むので、カーブの2つ折りステッチ、

タイトなシルエットは避ける。

今回の講習会では、LB-175タックワイドパンツを作りました。

スカートは、LB-028ギャザースカート・LB-276タックギャザースカート

がお薦めとのことです。

一番大事な事は試し縫いをする事です。

アイロンは、高温はNG!あて布をする。ゴム押さえは使用しない。

干す時は裏返しにして日陰干しする。

縫うのを失敗すると針穴が残るので失敗しないようにする。

2023年10月新パターン

リップルドカーディガン:まだまだ冷房が効いている場所が多いので、羽織るのにとてもよいです。丈が長めなので腰が隠れフレアが綺麗でワンピース・パンツ・スカートなど、用途が豊富です。

ハイネック風ジャンパースカート:フレアが少しあり、ハイネック風なので上品さがあります。中に長袖、半袖…スパッツを履いても…エレガントに〜

会員さんの作品(5ヶ月目)

8月から技術編Bコースに入りB-4まで終わりました。

2023年9月新パターン

バインダーTシャツ:出来上がり寸法がバスト86cmなので伸縮のある生地(セオなど)を使用する。裾切替パンツ:丈が短かめでスリムなパンツです。チューリップ裾がポイントです。

8月のイベント

藍染です。縦に畳んだあとに横に畳んで紐で3ヶ所縛ってから染めました。

« 1 2 3 4 5 10 »